藤永弘

「正義感あふれる庶民派!」藤永弘

top_fujinaga_201507.jpg

正義感が強い少年時代

女手ひとつで育ててくれた母の姿を通して、正義感と強く生き抜く力。決して弱音をはかない、負けん気も強く最後までやり抜く事を学んだ少年時代。

生き方を考えた大学時代

学費を稼ぐ為、アルバイトをしながら、学業との両立に挑戦し、庶民の心を知り、偉人「坂本龍馬」などを通し、自分だけの生き方ではなく、社会貢献に目覚め、難民救援募金などに積極的に参加。

社会人となり、率先垂範で地域貢献

町内の悩みであった調整池の草刈りを町内会の体育部長としてグランドゴルフコンペ開催に向け行う。その率先垂範の姿に心を動かされたグランドゴルフ愛好家の方が自ら草刈をするように。今では地域住民の憩いの場、健康づくりの場に、このことで一人の人間が動けば周りが変わる事を身をもって学んだ。

防災計画を見直し、安全・安心の熊本づくりに取り組み市民の生活を守り、市民の生命を守る

観光客や企業の誘致・産・官・学の協力による新ビジネスの展開、東アジアとの交流などを推進し、特に若者の働く場を作り出したい。福祉の拡充で高齢者をはじめ、誰もが安心して暮らせる街づくりを強力に推進。

プロフィール

  • 1954年1月20日生まれ
  • 城西小、西山中、市立商業高校(現千原台高校)・熊本商科大学(現熊本学園大学)卒業
  • 平成23年熊本市議会初当選
  • 西区在住
  • 予算決算委員会委員
  • 総務常任委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 公共施設マネジメント調査特別委員会副委員長
  • 政策条例検討会委員
  • 多核連携都市推進協議会委員
  • 公明党熊本県本部 宣伝遊説局長

議員ホームページ

藤永弘ホームページ

当ホームページの内容の無断転用はご遠慮ください。