浜田大介

top_hamada_201507.jpg

人への思いやりを学んだ少年時代

子供の頃、母がリウマチで身体が不自由に。看病や家事手伝いの毎日でした。そんな中、母の病気を通して、家族の温かさや人への思いやり、介護の大切さを学びました。

平和の尊さを学んだ青年時代

大学時代には学園祭で「核兵器の意識調査」を行い、反戦平和への思いを深める。さらに、アジア・アフリカ難民救援募金等のボランティアに貢献。

仕事を通して「諦めない心を学ぶ」

卒業後はコンピューター関連会社に入社。システム管の第一人者として、常に現場に駆けつけ、地道な仕事を通して、「諦めない心」を学ぶ。

プロフィール

  • 1963年12月22日生まれ
  • 田迎小、託麻中、県立西高卒。宮崎大学工学部卒業
  • IT企業にシステムエンジニアとして23年間勤務
  • 座右の銘は「冬は必ず春となる」
  • 趣味は読書とウォーキング
  • 平成23年熊本市議会に初挑戦
  • 現在2期目
  • 公明党熊本市議団副政調会長
  • 予算決算委員会委員
  • 厚生常任委員会委員
  • 議会活性化特別委員会副委員長
  • 公共施設マネジメント調査特別委員会委員
  • 青少年問題協議会委員
  • 公明党熊本県本部青年局次長

議員ホームページ

浜田大介ホームページ
ブログ(公明党熊本市議団)

当ホームページの内容の無断転用はご遠慮ください。